ごあいさつ

保険薬剤師には大きな大きなチャンスがある。

代表取締役 : 村田 卓 

「 会社員になるな、薬剤師になれ ! 会社名ではなく、自分を誇れ!」

私は、欧米の薬学生の80%が「保険薬剤師」に魅力を感じる国際的な流れと乖離した
今の日本の現状を是が非でも改めてみたいと考える一人の保険薬剤師です。
4年制時代から言われる「いにしえ」の「卒後はまず病院薬剤師になれ!」が大学によっては、未だに
言い伝えられていることに、もの凄く!違和感を感じています。
皆が平等に基幹病院に就職できる仕組みが整っているならまだしも、地域医療の高齢化現場からは、
正に信じられない妄言だからです。
地域医療がどれぐらい理解されているか?は疑問ですが、それを拙速に提唱するならば、まずは
欧米と同じように卒後研修を早く実現し、病院と保険薬局の両方で一定期間研修させて、自分で進路を判断させる
べきだと私は思っています。
しかし、薬学生ですら憧れるような『理想の保険薬剤師』が、未だに日本に現れていないのが現状だとは
感じています。

薬学部が6年制になって「薬剤師を薬局という現場で育成する」ことは、今まで以上に重要性を増しています。
医療機関を持たない薬学部や、研修制度を未だ持たない新卒薬剤師は、就職してからの実践教育(4年制とは違う)
を現場で実施しなければならないと強く感じるからです。
6年も薬学部で学んで、今だに「Pharm. D.」を名乗れない薬剤師の国家資格であれば、それは大問題です。

そのため弊社では、地域医療から考えてきた教育に、複数の大学の教育現場への参加から、学び感じたこと、つまり、
「どのような育成が正しいのか?」「役立つのか?」など、率直なご意見を各大学教官からいただきながら
それをプラスし、より洗練された育成法を常に、模索、実践しています。
何よりも自社の社員だけで考えた独自色の強い「社員育成法」とは全く異なるものにしなければならない
と同時に、常に変化する時代、現状に柔軟にマッチさせた「臨床教育」がマルゼン薬局の育成システムなのです。

欧米の薬学教育システムに早く追いつき、保険薬剤師として、国民や医療従事者らの期待に十分応え、
期待される本来の薬剤師を育成することが、我々マルゼン薬局の役割であり、存在理由だと考えています。
そして、これからの「保険薬剤師」の仕事には、ビジネスとしての側面も当然ですが、みんなで地域医療に
取り組み、貢献することから日本を変えていくチャレンジという大きな大きなチャンスがあるということを
お伝えしておきたいと思います。

HOME > 会社情報 > ごあいさつ

会社情報

QRコード



www.e938.com   
URL  


saiyou@e938.com
mail


job.mynavi.jp
マイナビ2018